たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年09月28日

★マヤの預言は2012年ではなく2011年10月28日です★

★館山市洲崎灯台付近★気持ちの良い景色です★

★マヤの預言は2012年ではなく2011年10月28日です★

素敵なカフェあります!
ーーー>http://timeout08.blog95.fc2.com/

★マヤの預言は2012年ではなく2011年10月28日です!★

エレニン彗星は、西暦2011年9月11日に太陽に最接近し、西暦2011年9月26日に地球-エレーニン彗星-太陽と直列し、西暦2011年10月17日に地球に最接近し、西暦2011年11月23日に地球-エレーニン彗星-太陽と直列する。地球地表上に衝突する可能性があるのかと云えば、そのような危機は皆無となっています。

地球は、彼女の、高貴な、あるいは霊的な環境を開き、あなた方の瞑想中に、あなた方をこの高次の環境と地球の霊的なコアとを結びつけさせる。これを夏至の7日前と3日後に行いなさい。我々、創造主、あなたの聖なる私と言う存在を、あなた方が聖なる魂の力と再結合 するために、一緒になるように呼び寄せなさい。この夏至の期間が終わると、あなた方は、遠い昔に失ったものを取り戻すことができる。6月14日と6月24日。

2011年11月11日は、この年で最も強烈な1日になるでしょう。人類の大多数が人間のグリッドを形成し、宇宙のエネルギーと結び付くようになるでしょう。

マッケナによると、「1945年から終点の2012年12月22日までの67年間は、これまで経過した4700年間の変化のすべてが67年間で起こるような時間の加速が起こった」とみなしたのです。

さらにその後も時間の加速化は進行し、2012年12月22日の384日前、すなわち「2011年12月2日からの384日間は、過去4700年間で起こったような変化がすべて起こる」というものすごい加速化の予想を導き出したのです。
その後も時間の加速は進み、6日間、135分、0.0075秒間と時間の幅は、どんどん短縮していくとしています。これは恐ろしいほどの時間の加速です。
そして驚くべきことに、このグラフの終点は2012年12月22日だったのです。

9Naniaは、エレニン彗星と地球の直列こそポールシフトの引き金になる現象だというのだ。彼女によると、9月までは巨大地震や津波などの大きな自然災害があまり発生しない相対的な安定期になるという。しかし、再度直列が起ると、10月からは一気に自然災害の連鎖が始まり、半年後の2012年の春くらいまでにポールシフトが始まるはずだというのだ。
エレニン彗星は現在は火星の軌道を通過しており、今年の10月18日から20日にかけて地球にもっとも接近すると見られている。

アーカンソーとブラジルにおいて、その神殿の結晶質は復活しているところです。アーカンソーの結晶質の渦は、11-11-11に完成します。これが、数多くの皆さんがこのエネルギーに引き寄せられている理由です。それは、長い間待ち望み、大切にされてきた想いの成就です。

2011年4月20日が重要な神界の分岐点、つまり昼夜転換(テンカン)が始まる合図だと受け取りました。人間の良心(内在神)が、正しく反射を始めるということです。心にやましい暗いことが有れば、それが自分に現れるし、心に良いことを思えば自分に反射をするのです。カッコ悪いような道徳心を持つ人間が、生き返り若返り、富み出す時代が始まります。心に悪事を思う人は、悲惨な体験が始まる暗示だと感じます。

西暦2011年4月10日現時点において、地球物質界における「1日24時間」の体感感覚は、「約12時間24分」まで狭まっています。

今年(2011年)4月の後半の期間の午後の明るい時間帯にハッキリ申し上げましょう。東海大地震と東南海大地震が殆んど同時に連続して発生する可能性が非常に強い。

水瓶座の時代は、正しく、西暦2016年2月3日から開始されます

貴方方に残された学習の時間は2011年の7月頃迄です。2011年8月の最後の審判。

ドン・アレハンドロ・オクスラというマヤの長老は、2010年~2012年5月頃にポール・シフトが起きるかもしれないと語っているそうです。

地球温暖化だと想われている原因は、太陽活動の活発化であり、この天体現象は、西暦2012年末まで収まることはないです。

ミカエルがもう0次元に地球が入ったと書いてあった。

時間軸は加速していて、2012年が2010年末に早まることが判明してきました。もうこれ以上「待つ」姿勢を考えることができないのは、地球の時間軸が「ゼロ」に近づきつつあるからです。この再会はもはや何人も止めることができません。

【タイムウェーヴ・ゼロ理論】
アメリカ人のテレンス・マッケナ氏が発表した論文で、カオス理論やフラクタルなどの数学理論、さらには中国の古来から伝わる易経などをもとに理論化され、マヤ暦が終焉する2012年12月22日の翌日に、時間が消えるというもの。マッケナ氏は、かのアインシュタインも手を焼いた、時間についての概念を一変したことで知られる。マッケナ氏は、時間という概念を螺旋状のエネルギー体であるとしてとらえ、最新の数学理論を駆使することで画期的な理論化を行なった。時間というものが螺旋状のエネルギー体であるなら、動きはじめはきわめてスローになる。しかし、時間がどんどん過ぎてゆくと、螺旋状のエネルギーの働きは加速していくとマッケナ氏は考えた。さらいマッケナ氏は時間はフラクタルだととらえ、ある時ある時間に起きた出来事が、何年、何十年あるいは何百年先に同じような出来事として再度起きると推論した。さらに時間はエネルギー体なので、いつかその動きが止まるであろうことを予測した。そこでさまざまな数学的条件をプログラミングしてシミュレーションを行なったところ、なんと2012年12月23日に時間が消えることがわかった。時間が消えるとどうなるかについて云えば、ただ実体としての現実空間はとりあえず存在するので、社会的仕組みや構造などに大変革が現れるものと推測される。↑

1.国連デー、10月24日
銀河同盟が大々的でドラマティックな、そして間違える余地のない大規模な宇宙船の小編隊群による、一連の存在証明を開始するでしょう。しかも、誰でも上空に目視できるような低高度で。
これら大規模なデモンストレーションは、アメリカの空が主体になるでしょう。それはアメリカが、UFOの真実や宇宙人とのコンタクトを国民に明らかにしていない大国だからです。

2.11月9日(この日にちは8日か10日に前後するかも知れません)
これは、遂にアメリカ政府が「引き延ばし作戦」を中止して、一連の「宇宙人コンタクトの公式発表」を「今年からスタートする!」ために、地球側評議員と協力し始める日になるでしょう。
アメリカ政府はこの予備的な外交的折衝を内密に、つまり銀河同盟代表との折衝を担当するホワイトハウスと国家安全保障会議(NSC)の職員に限定したいとする可能性があります。しかし、10月24日以降の容赦ない空のデモンストレーションは、折衝が開始すれば止めることになっているので、あなた方はその状況から折衝が始まっていることが分かるでしょう。

3.12月25-26日の週末
UFOの真実について「アメリカ政府の公式発表」の第1シリーズは、12月25-26日のクリスマス休暇に行われるでしょう。それは、クリスマスツリーに吊るされる特別のプレゼントになります。

スターシードの大人やスターキッドと親族たちのための上級ワークショップが、2011年5月21-22日の週末にフィラデルフィア(兄弟愛の市)で開かれます。
このイベントでは、聴衆の中に多数の宇宙人がいるでしょう。また何人かの宇宙人が講演者として演壇に立つでしょう。このワークショップは、銀河同盟と協同して企画されたものです。

2012年に地球全域に着陸する決定をしました。その時にはもう私たちの実在を否定する者はいなくなります。




ですがこの星の歴史は「後5年」で終わります。はいすいません私は貴方方に「嘘」をつきたくないので正直に伝えますがそうです。「2015年で今の物質世界は完全に終わります。」

皆さん時間は後「わずか」です、私の予想は彼「オバマ」は9月~10月に必ず正式発表を行うはずです。本当におめでとうございます

マッケンナはコンピュータを駆使し、こうした時間の流れのサイクルを分析、時間の加速の度合いを調べた結果、2012年12月23日には、加速が極限に達し、なんと時間の流れがゼロになってしまうという予測を立てたのだ。(流れはもっと早いので2011年10月28日です)

マヤの預言は2012年ではなく2011年10月28日です!!覚えてください!!(時間のサイクルが速くなっているため。)

8月8日前後に予測されるイベント:湾岸ガス爆発
9月9日前後に予測されるイベント : 化石燃料地帯の大地震
10月10日前後に予測されるイベント : マグマの噴出-海岸都市の水没
10月25日前後に予測されるイベント : ゆるやかな地軸移動と地核変動

日本人は約5億年前に地球に発生した。
マヤ人は、日本人より後れて約4億年前に地球上に現れた。マヤ人はイグアナの遺伝子を受け継ぐレプティリアン・ヒューマノイドである。
地球最古の人間文明は、約36億年前のユージン文明だった。ユージンは地球の天変地異で絶滅したので、生き延びた子孫はいない。

何度も言うが2013年が地球による最終デッドラインである。これ以上の遅れはもう許されない。

2050年までには「3次元・4次元世界の領域は全て完全に(自然崩壊)」し地球の次元は「5次元」に固定されます!!

マヤの預言が指している日は2011年の可能性があります。今現在時間は加速しているために地球が2012年を迎えるころには既に「2013年」になっています。のでマヤの預言は2011年10月28日であります。

今アセンションが皆さんの視野に入ってきて、その実現がまじかに近づいています。皆さんが母なる地球と共に上昇するまでもうほんの2、3年なのです。(2010年7月)

最後の審判の日は今年の11月である。そこで彼ら爬虫類人の命運は尽きるだろう。

貴方方を閉じ込めていた爬虫類達は11月に全て捕らわれるだろう。彼らは地球残留は不可能である。

日本の135.0度が未来へのカギとなる

(時間には賞味期限があるのですばやく掲載しました。オバマの正式発表は魔の仕掛けかもしれないので注意。)
『彼ら』の聖数「72」と「144」の宇宙法則が人類を導いている





こちらより移植(http://tinyurl.com/3bmxtu8) 

皆様、焼酎も楽しんでお飲みくださいね^^!

続く to be continue

焼酎バー夢灯り http://chofu.com/yumeakari2004/


  • 同じカテゴリー(マヤの大予言)の記事画像
    ★予言の日が来ましたが、、、、、。★
    ★マヤの予言は、2012年!★
    ★「2012年終末説」信者が南仏の村に集結★
    ★地球に何か異変が起こる!? ★
    ★ホピの予言!★
    ★10月28日終末論不発、苦情殺到に大使館困惑!★
    同じカテゴリー(マヤの大予言)の記事
     ★予言の日が来ましたが、、、、、。★ (2012-12-21 15:15)
     ★マヤの予言は、2012年!★ (2011-12-13 18:41)
     ★「2012年終末説」信者が南仏の村に集結★ (2011-12-05 14:06)
     ★地球に何か異変が起こる!? ★ (2011-12-02 20:04)
     ★ホピの予言!★ (2011-12-01 21:15)
     ★10月28日終末論不発、苦情殺到に大使館困惑!★ (2011-11-21 16:25)

    この記事へのコメント
    10月28日
    何もおきませんでしたね
    ほっとしました!
    Posted by wada at 2011年11月01日 18:13
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ★マヤの預言は2012年ではなく2011年10月28日です★
      コメント(1)